株式会社ドトールコーヒー

昭和45年、ヨーロッパ視察の際に、フランスで立ってコーヒーを飲んでいる風景を見て、「将来、この時代が日本にも来る!」と感じたことが原点。以来、先を読み、方向を決め、形づくる。

「何が正しいかが優先で損得は後。」

「ポリシーを持って業にあたることが大事」と創業者、鳥羽博道氏は語られている。