山田方谷

幕末、約600億円の財政赤字だった松山藩を、わずか7年で約600億円の余剰金を生み出すまでの財政再建を行った山田方谷。

新時代の潮流を読み(産業振興)、国民を富ませ(民政刷新改革、教育改革)、国民に信頼される(負債整理、藩札刷新)政策とともに、政府の無駄を省く(上下節約)政策などを行った。

「至誠惻怛」(まごころといたみ悲しむこころ)というやさしさをベースとした各政策は、現代の企業経営にも大きなヒントを与えてくれます。