圧倒的に多い普通の経営者

どの世界にもカリスマと言われる方々はいます。経営も当然素晴らしいカリスマ経営者がおられます。メディアに登場する方々も後を絶ちません。

大企業では経営者になるために、入社してから社内の競争の中で、たった一人の人がその地位につきます。

中小企業の場合は、普通の人達が創業したり、親からの会社を承継したりして、経営者になっています。特別ではない経営者の方が圧倒的に多いのです。法人、個人経営を含めると99%が普通の経営者です。

それは社会生活と同じです。特別ではない人々の普通の生活が圧倒的多数であり、特別な少数の人達と入り混じって、社会が構成されています。

勿論、普通の人たちも皆、独自の個性を持った人達です。

自分らしい独自の生き方、経営の仕方を追求する事こそが自由な経営を生み出します。